四軸破砕機

QUAD

細かく、均一な寸法に破砕

広範囲の材料を破砕可能で、一貫して細かい寸法で排出できる破砕機をお探しなら、SSI社の四軸がピッタリです。破砕室内の4本の破砕刃が、刃の真下にある交換可能なスクリーンを通る寸法になるまで破砕片を再循環しながら破砕処理を行います。
SSIの四軸は低速・高トルク技術を採用し、広範囲の材料を破砕処理できる破砕機です。処理後の破砕片はきれいに切断分離され、寸法も均一になります。

SSI製4軸破砕機の特徴

  • 低速技術
    低騒音、ダスト抑制
    熱発生が少ない
  • 運転・保守コストの削減
  • 低馬力・高トルク設計
  • 独自設計による
    着脱可能型スクリーン
  • 金属材料も
    容易に破砕可能
  • 装置の簡素化により
    占有面積の節減

SSIの四軸破砕機は下記の用途において理想的なソリューションとなります

  • 代替燃料/ごみ固形燃料‐都市固体廃棄物、産業廃棄物、木材、紙類、タイヤ、プラスチック、カーペット、繊維類など
  • 材料分別・資源回収‐電子機器スクラップ、プラスチック、アルミ、使用済み飲料缶、ドラム缶、自動シュレッダー残材、木材、他
  • 製品/セキュリティ対策の廃棄処理‐紙類/書類、ハードディスク装置、不良品や期限切れ商品、医薬品、電子機器およびプラスチック部品
  • 特殊物質
    医療廃棄物、低引火性物質、バッテリー、など

SSI せん断式4軸破砕機 製品モデル

  • Q55型

    破砕室(幅×長さ)

    36″×40″(900mm×1026mm)

    ホッパー投入口(幅×長さ)

    56″×51″(1419mm×1290mm)

    オプション長さ

    31″(783mm)

    出力範囲

    50~60(38~45kW)

    スクリーン目の寸法

    1/2″~6″(12~150mm)

  • Q70型

    破砕室(幅×長さ)

    44″×52″(1125mm×1318mm)

    ホッパー投入口(幅×長さ)

    72″×67″(1829mm×1700mm)

    オプション長さ

    40″(1026mm)

    出力範囲

    80~100(60~75kW)

    スクリーン目の寸法

    3/4″~6″(20~150mm)

  • Q85型

    破砕室(幅×長さ)

    54″×52″(1370mm×1318mm)

    ホッパー投入口(幅×長さ)

    81″×68″ (2057mm×1721mm)

    オプション長さ

    63″(1608mm)

    出力範囲

    120~150(90~113kW)

    スクリーン目の寸法

    1″~6″(25~150mm)

  • Q100型

    破砕室(幅×長さ)

    62″×63″(1565mm×1608mm)

    ホッパー投入口(幅×長さ)

    86″×76″(2190mm×1938mm)

    オプション長さ

    75″(1900mm)

    出力範囲

    250~300(188~225kW)

    スクリーン目の寸法

    1 1/4″~8″(32~200mm)

  • Q140型

    破砕室(幅×長さ)

    82″×75″ (2080mm×1905mm)

    ホッパー投入口(幅×長さ)

    113″×90″(2877mm×2288mm)

    オプション長さ

    98″(2488mm)

    出力範囲

    400~600(300~450kW)

    スクリーン目の寸法

    2″~8″(50~200mm)

四軸破砕機関連動画

  • 家電:掃除機

  • タイヤ:トラック用

  • スキー・スノーボード

  • カボチャ

  • ゴルフ靴

  • プラスチック:おもちゃ

  • プラスチック:ドラム缶・その他

  • 医薬品・容器

  • 一般廃棄物:RDFシステム

  • 金属類:鋼鉄の削りくず

  • 金属類:ドラム缶

  • 金属類:ファイリング・キャビネット

  • 医療廃棄物

  • 産業廃棄物:車バンパー

  • クリスマスツリーと包装紙

  • 家電スクラップ:プリンター

  • 電子機器スクラップ

  • じゅうたん#2

  • 段ボール

  • 家電:冷蔵庫

  • 家電

  • アルミ・ベール

  • 代替燃料