SSIは紙破砕でも幅広い分野で活躍しています。

紙製品破砕後

紙製品・機密書類破砕

出版社様から返品本などの処理用の破砕機を初め、機密書類用の破砕機の分野でも実績がございます。

ベーラーの前処理

紙をベールする前に破砕してから圧縮することにより、運びやすさとベールの密度を均等にします。

粉砕の前処理

機密書類は粉砕機によって非常に細かくされる場合もあります。SSIの破砕機を粉砕機の前処理機として設置することにより、粉砕機の能力を上げ、メンテナンスの頻度を下げます。

パルパー破砕

製紙会社様のパルパー

パルパーに古紙や段ボールを入れる前に破砕することにより、全体の効率と能力が上がります。

パルプ・製紙

製紙業界でもSSIの破砕機は数多く活躍しています。破砕対象物にあわせて破砕機を設計し、お客様工場の燃料・保管・搬送・処理費削減に貢献しています。

パルプ製紙工場での使用イメージ

パルプ製紙工場で破砕する品目一例

  • ラガーロープ
  • OCC、ONP
  • パルパーごみ
  • 紙ロール
  • ワイヤ
  • パレット
  • 梱包用プラ、バンド
  • スクラップ繊維・木材

一般的な破砕目的

焼却前の破砕

焼却前に破砕することにより、定量供給しやすくなると同時に、均等に早く焼却が可能になります。

パルパー投入前のベール解体

パルパーに投入する前にベールを解体することにより、パルパーの能力を上げ、ダメージを防ぎ、電気代やメンテ費を下げます。

燃料

プラントのゴミを破砕してボイラーの燃料に使います。

製品処理とリサイクル

返品や落丁本、古い雑誌などをリサイクルするための破砕。

ラガーロープ破砕と金属回収

SSIでは1990年からラガーロープの破砕に挑戦し、2000年にはラガーロープのリサイクルシステムを開発しました。

ラガーロープとは?

「パルパーテール」とも呼ばれるラガーロープは、パルパーから排出される金属とゴミのロープ状の物です。パルパーの中にはいった金属やワイヤなどに紙が絡まり、圧縮された金属と紙のラガーロープは非常に破砕困難の物で、今までは埋め立て廃棄されてきました。SSIの開発したシステムでは、このラガーロープを破砕してリサイクルすることが可能になりました。

なぜラガーロープを破砕する?

  • 処理費用削減
  • 埋立地の負担軽減
  • 金属回収(45%)
  • 発生していたゴミが資源と収入になる
  • 廃棄するしかなかったゴミが燃料になる

ラガーロープ処理のメリット

  • 金属回収イメージ画像

    金属回収(米国では$500/トン)
    ※上記金額は目安です。

  • 燃料イメージ画像

    燃料(米国では$100/トン)

  • 埋立の軽減イメージ画像

    埋立の軽減(米国では$65/トン)