様々なスクラップ類の幅広い処理範囲

金属破砕

減容化

スクラップを減容化することにより、運搬費・保管費・処理費の削減につながります。車やサッシの製造工程で発生するアルミの減容から、高速破砕機へ投入する前の一次破砕など、幅広くSSIの破砕機は対応可能です。

リサイクル

リサイクルするためのスクラップは、運搬の効率化のためほとんどが圧縮ベール化されています。ただ、ベールをそのまま炉に投入するよりは、前処理して砕いてから投入したほうが効率も良く、まじった異物などの除去にも貢献することによりスクラップの価値を上げることも可能になります。

貴金属回収

電子系スクラップが「都市鉱山」と呼ばれるようになる前からSSIは貴金属回収用システムを提案・納入して参りました。高速破砕機と違い、騒音・振動・粉塵を抑えた安定した処理で貴金属回収を実現します。

低速回転・高トルクのスクラップ用破砕機

  • 二軸破砕機①
  • 二軸破砕機②

二軸破砕機

ドラム缶、ラガーロープ、アルミベール、銅、その他非鉄などで能力を発揮します。

  • 四軸破砕機①
  • 四軸破砕機②

四軸破砕機

破砕機にスクリーンがついているため、均等のサイズの破砕物を排出可能です。特に電子スクラップ、ASR(シュレッダーダスト)、家電など分別・金属回収などで能力を発揮します。

  • 粗破砕機①
  • 粗破砕機②

PRI-MAX粗破砕機

鉄屑、アルミ、家電などを大量に処理する場合、ベール化しても破砕能力を発揮します。

  • 一軸破砕機①
  • 一軸破砕機②

一軸破砕機

四軸よりも更に細かい、均等な粒度達成可能です。